MENU
このブログは「SWELL」を使用しています
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

リュックのジッパーがうるさい!ジッパープルを取り付けて解決

リュックやバッグを使用していて、金属音が気になったことはありませんか?

私の使用しているリュックも、背負って歩いていると「カチャカチャ」と音がします。
これが結構ストレスでした。

なんの音か確認してみると、どうもジッパーの金属部分がぶつかり合って発生している音のようです。

普通に歩いている時はもちろんのこと、図書館など静かな場所を利用する際は、なおさら音が気になりますよね。
どうにかこの音鳴り問題を解決したいのですが、機能に影響するようなことはしたくありません。

そこでジッパーに、ジッパープルを取り付けて音が鳴る問題を解決したいと思います!

ジッパー

「カチャカチャ…」
「チャリチャリ…」

めっちゃ気になる!

こんな疑問にお答えします
  • リュックのジッパーがカチャカチャとうるさい、解決方法はある?
  • ジッパープルの取り付け方が知りたい
目次

使用しているリュック

THE NORTH FACEの「RODEY」というリュックを使っています。

THE NORTH FACE RODEY
ザ・ノース・フェイス「RODEY」
\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場で詳細をみる
\ヤフー年末大感謝祭開催中!/
Yahooで詳細を見る


シンプルで飽きのこないデザイン。
さすがアウトドアブランドだけあって、非常にしっかりとした作り、かつ容量も十分です。
男女問わず、様々なシーンで使えます。

ザ・ノース・フェイス RODEY ジッパー うるさい
ジッパー拡大図

大型のジッパーが採用されており、これが歩くたびにぶつかって音が発生しているようですね。

カチャカチャという音鳴りの原因は?

この耳障りな音が鳴る原因は、一体なんなのでしょうか。
詳しく調べてみましょう。

リュック うるさい 原因
音鳴りの原因は?

じっくりと観察してみると、どうやら音鳴りの原因は2箇所あるようです。
ジッパーの「引手」がぶつかり合う場所と、「胴体」と「引手」の接続部分がぶつかる場所です。


予想ではジッパーの「引手」部分がぶつかるのが原因だと思っていました。
接続部分は盲点でしたね。
ということは「引手」にゴムを巻くなどする対策だけでは不十分のようです。

そこでジッパープルを取り付けて、金属同士の接触を減少させ、音鳴りを防ぎたいと思います。

そもそもジッパープルって何?

ジッパーの引手を延長するために取り付ける部品。
グローブをしたままでも、ジッパーの操作がしやすくなります。
ジッパープル、ジッパータブ、ジップタイなど、様々な呼び方がありますが、今回はジッパープルという呼び方にしています。

取り付けるジッパープル

取り付けるジッパープルは、アドバンスワークス「ジッパータブ作成キット」です。
この作成キットを選んだ一番の理由は、自分の好みの長さでジッパープルを作成できることです。

ジッパープルで検索すると、すでに持ち手がとりつけられた完成品がたくさんあります。
しかし今回は、自分の思い通りに取り付けたかったので、この作成キットを選びました。

完成品は取り付け方が限定されますが、自分で工夫しながら取り付けられたのでとても満足しています。

アドバンスワークス ジッパープル
アドバンスワークス ジッパータブ作成キット

また、この作成キットは、パラコードの色を選ぶことができます。
たくさん種類があるので、自分の使用しているリュックに合わせて、カスタマイズできる点も嬉しいですね。

アドバンスワークス ジッパータブ作成キット
パラコードとは?

パラシュートコードのことです。
非常に高強度。
色や種類が豊富なので、アウトドアシーンでストラップなどにも使われています。

ジッパープルの取り付け方法

実際にジッパープルを取り付けます。
4つのステップに分けて解説します。

STEP
パラコードを必要な長さにカットする
STEP
パラコードの先端を熱処理する
STEP
ジッパーにパラコードを通す
STEP
パラコードに持ち手を取り付ける

各ステップを詳しく見ていきましょう。

STEP
パラコードを必要な長さにカットする
パラコード カット

付属のパラコードは1本の長い紐なので、必要な長さにカットして使います。
普通のハサミで簡単に切ることができます。


今回は、長さ約11cmにカットしました。
お使いのものに合わせて切ってください。

STEP
パラコードの先端を熱処理する
パラコード 炙る

端をライターで炙り、熱処理を施します。
先端が熱で固まり、ほどけにくくなります。

炙りすぎると先端の固まりが大きくなりすぎて、持ち手が取り付けられなくなるのでほどほどに。
固まった先端を指やペンチで潰しておくと、持ち手を取り付けやすくなります。

パラコード カット
芯が出ている場合は短く切りそろえます。

ライターを使う時は、やけどに十分注意してください。


STEP
パラコードをジッパーに通す

音が鳴らなように、工夫してパラコードを通しましょう。
ポイントは「引手」と「胴体」をなるべく接触させないことです。

パラコードをジッパーに通す

「引手」と「胴体」の接触を防ぐために、パラコードを間に挟むように通します。
次に引手の穴にパラコードを通します。

クロスする

引手の穴にクロスするように、パラコードを通します。

STEP
パラコードに持ち手を取り付ける
パラコードを挟み込む

パラコードの両端を持ち手(タブ)で挟み込み、グッと押し込みます。
どうしても開いてしまう場合は、あて布をし、ペンチで挟み込むと取れなくなります。

ジッパープル完成

あて布をせずペンチで挟み込んだら、傷がついてしまいました

「ジッパー」「ファスナー」「チャック」それぞれの違いは?

語源が違うだけで、全て同じものを指します。

  • 最初に考案された「ファスナー」
  • 後にアメリカの企業が名付けた「ジッパー」
  • 和製英語として定着した「チャック」

一番なじみがある呼び方はどれですか?

1891年に米国ホイットコム・ジャドソン氏が、靴ヒモを結ぶ不便さを解決しようと考えたものがファスナーの起源とされています。
1921年に米国のメーカーが、閉める時の「シューッ」という擬音の「Zip」からファスナーを「ジッパー」と命名し、その呼び名も浸透しました。
日本では、1927年に尾道で「巾着(きんちゃく)」からもじって、ファスナーを「チャック印」として販売したところ評判になり、「チャック」という名前が定着しました。つまり、この3つは同じものなのです。

「ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の違い:YKK株式会社より引用

ジッパープルを取り付けた感想 まとめ

ジッパープル 取り付け完了

無事ジッパープルの取り付けが完了しました。
気になる音鳴りは体感で8割減、といったところです。

歩くたびに鳴っていた「カチャカチャ」という耳障りな金属音はなくなりました。
かすかに「パタパタ」という音がしますが、気になるほどではありません。

ジッパープルを取り付けてよかったところは

  • 音が静かになってよかった
  • ジッパーが操作しやすくなった

です。

改善点は

  • 若干、見た目が野暮ったくなった

というところでしょうか。

これに関しては、パラコードを細いものに変えてみる、取り付け方をもっと考えることで、もう少し改善できるかなと思います。

今回はとにかく、音が鳴らないようにすることが最優先だったので、結果には満足しています。

もしリュックやバッグのジッパーの音に、ストレスを感じている方は、試してみてはいかがでしょうか。

ジッパー

ハ~ヨイショ♪

うん、黙ろうか

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
トップへ
目次
閉じる